« 喫煙者 | トップページ | 鈍った身体 »

2005.03.06

とある作品について

本日、レコーダーに撮りためていた番組を幾つか見ました。


とある音楽番組で、あるシリーズ作品の監督のインタビューがありました。
今まで、あまり気を使われていなかったであろう音楽に、今回はちょっと気を使ってみました。
っと監督のコメント
・・・何か、ちょっと違うんじゃないかって気がしました。
確かに、今作と前作は、この監督の下で製作されてシリーズ史上初と言われる結果を出したのは事実だと思います。
しかしそれとこれとは、話が違うと思うんです。
今まで気を使っていなかった。」ってのは、結果として監督の作品の楽曲がヒットしているから言えることだと思うんです。

新しい視聴者層も、獲得できた。」みたいなことも言っていたのですが、それは単純に、初代の放送状況と現代の状況が違うからだと思うんです。

今までの作品だって、物語の時代背景や設定が各作品ともしっかりしていたと思うし、楽曲だってしっかりしていました。
ただ今までとは違い、現在携帯電話インターネット普及,発達しているため、広告媒体が広がったし、待受や着メロ,着うたの影響もあると思うんです。
そのての雑誌も今は数多く出ていますし。
確かに、今シリーズに有名(?)なアーティストを起用したことで知名度は上がったかもしれませんが、「今回はちょっと気を使ってみました。」ってのは何か違うような気がしました。

それに、例え音楽に気を使っていたとしても・・・作品の内容が今までの作品の継ぎ接ぎじゃぁ~意味がないですよね!

|

« 喫煙者 | トップページ | 鈍った身体 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80543/3187066

この記事へのトラックバック一覧です: とある作品について:

« 喫煙者 | トップページ | 鈍った身体 »